MENU

女性用育毛剤トリコチロアールのデメリットなど

大事な髪を無意識に抜いてしまう抜毛症は、多くの場合にストレスが引き金になっておきます。

 

そして、その患者は約9割が成人女性ということもわかっています。

 

そんな抜毛症を改善するために役立つとされているのが、育毛剤のトリコチロアールです。

 

トリコチロアールは無理やり髪を抜くことで傷ついた毛根や頭皮の毛をするための成分が含まれています。

 

そのままでは薄毛になってしまう状態を改善できます。

 

それは抜毛症の患者にとって喜ばしいことですが、一方でデメリットもあります。

 

使い始めてから効果を実感できるまでには、かなりの時間がかかります。

 

これは、トリコチロアールの成分が作用するのは、これから生えてくる髪だからです。

 

すでに抜毛症の影響で細く切れやすい状態になった髪が、太くなることはないです。

 

では、どのくらい待たなければいけないのかというと、髪の毛が伸びる長さが1ヶ月で1.2センチ程度です。

 

なので、髪型にもよりますが十分な長さになるのに半年から数年は使い続けなければいけません。

 

つまり、使い始めるならば、変化が出るまで続ける根気が必要です。

 

それから、品質を確認したいと思っても、ヘアケア用品の通販でよく行われている無料サンプルや格安で購入できるトライアル品というものはないです。

 

それは、メーカーが生産の効率化でコストを下げて手頃な価格にするためのことです。

 

その代わりに20日間の返金保証制度が設けられていますが、やはり少量のサンプル品やトライアル品で試してみたいという人には購入がしにくいです。

 

なお、肝心のトリコチロアールの発毛効果について、なにかデメリットはあるのかというと特にはありません。

 

使われているのは、頭皮に優しい天然植物由来成分なので使っていてもダメージが及ぶ心配はないです。

 

傷ついている部分に触れても、エタノールや鉱物油などの有害な成分は除かれているので染みるとか腫れるといったリスクも少ないです。

 

また香りもアロマオイルの一種であるユーカリ油が使われているので、リラックスできます。

 

ただ、薬ではないので必ず効果・効能を得られる保証はありません。

 

髪や頭皮の体質には個人差があるので、期待したほどの髪が太くならない可能性があります。

 

それに、使われている植物などの成分にアレルギーがあると、炎症やかぶれと行った反応がでるかもしれないので、購入前に成分表をよく確認したほうが良いです。

 

もちろん、そういう事が起きるのは、ごく一部の人なのでトリコチロアールは多くの人が安心して使える育毛剤と言えます。